難聴や蓄膿症になったら|グルグル廻る世界から解放される術|めまいが治る
医者

グルグル廻る世界から解放される術|めまいが治る

難聴や蓄膿症になったら

病院

難聴になると危険

耳の病気で難聴になりますと、人とのコミュニケーションが円滑にならず、また危険を知らせる音も聞こえなくなったりして危険なケースもあります。新宿の耳鼻咽喉科クリニックにも、そうした患者さんが受診されていますが、高度な検査方法を備えているので、正確な診断と治療、あるいは補聴器の選択方法などのアドバイスが期待できます。他には、急に声が出し辛くなるなど、声帯とその周囲に異常があるケースもあります。常時声を出している職業の方に多く、新宿でも決して稀な病気ではありません。ポリープが出来ている方も多いのです。耳鼻咽喉科ではレーザー機器を使用して無血に近い切除が可能で、疼痛も少なく治りが断然早いのも大きな特徴になっています。

蓄膿症は早めに治そう

新宿の耳鼻咽喉科で治療する病気で多いものに蓄膿症があります。副鼻腔に感染が起こる病気で、鼻から膿汁が出たり鼻閉症になったりします。副鼻腔は歯の根元近くにありますから、歯が浮いてから歯科に受診して気が付くこともあります。薬剤で治療しますが、難治性のものは副鼻腔の根治手術を行います。新宿には熟練の耳鼻咽喉科の医師がいますので、気が付いたら早めの受診が望まれます。その他には、最近話題になる睡眠時無呼吸症の改善や、めまいが起こるメニエル病の治療も多く行われています。後者のめまいは日常生活では非常に危険な事も起こりえます。平衡感覚を司る三半規管の疾患ですので、すぐに新宿の耳鼻咽喉科で診て貰うようにしましょう。